このページの先頭です
ここから本文です

経営方針

企業理念

我々は、常に新しいサービスを研究・開発して前進することを心がけ、優れた専門知識・技術を駆使して業界の繁栄を目指し、未知・無限の可能性を秘めた企業であり続けます。

経営理念

社員一人ひとりが自らの頭で考え、そして行動し、大代ゼンテックスが真の意味で“社会や人々のお役に立てる企業”“人に優しい企業”“時代をリードする企業”になることが、経営者としての私の理想であり、使命と考えております。

トリプルAの目標

我々は、快適な都市環境の創造を目指し、品質の向上を図り
社会的責任を果たす事の出来る企業であり続けること。

TRIPLE A:安心・快適に働ける職場/安心・納得できる生活/愛顧・信頼される企業

社長方針

大代ゼンテックス株式会社は、快適型都市環境の創造の実現をビルメンテナンス業を通じて目指します。
従来から、顧客が満足する製品の提供、地球にやさしい環境施策の実施、従業員の安全を3つの柱として地域との共存共栄を目指す企業運営を行ってきました。
今回これを一層強化する狙いで統合マネジメントシステムをつくった当社は下記を含む活動を推進していきます。

  1. 顧客のニーズ及び法規制を満たすサービスを提供するため、継続的改善の推進により品質向上を図り、顧客満足度の向上を目指します。
  2. 当社が行う事業活動が環境に与える影響を考慮して、以下の方針に基づき環境保全活動に取り組みます。
    1. 当社の事業に関わる環境関連の法規・規制・協定等を遵守し、必要に応じて自主基準を策定して環境保全に努めます。
    2. 省エネルギー、省資源、リサイクル、廃棄物の削減等への取り組みを通じて、環境への負荷低減を目指します。
    3. 従業員への環境教育の徹底を図り、環境意識の高揚を図ります。
    4. 地域社会との関わりを大切にし、環境保全活動への取り組みを通じて広く社会に貢献します。
  3. 当社で働く全ての無災害を目指します。
  4. マネジメントシステムの有効性について継続的に改善します。
  5. この方針を達成するために、目的及び目標を具体的に定め、これを実施するための実施計画を運用していきます。

2018年6月27日
大代ゼンテックス株式会社
代表取締役  福田 敬子